不動産屋の担当者に対して、自分の理想となる条件を伝えましたら、その条件が本当に現実的に可能なのかを確認することが大切です。
物件の情報誌などで希望沿線や希望駅で予算に合っている広さや間取りの部屋があるのかどうかを確認しておきましょう。

 

探している賃貸物件の条件を広げることによって、少しでも自分の求める物件に近いものが見つかることがあります。
もし条件を広げるのがどうしても嫌なのでしたら、最終的には希望家賃設定を上げるしか方法はありません。
インターネットや賃貸情報誌などで「これだ!」と思った物件があったら、すぐに担当の不動産屋に確認の電話をして、契約済みとなってしまっていたら再度検討しなおしましょう。
予算内で物件を探すことが出来ないようでしたら、条件よりも狭い部屋にするか、駅から遠い部屋にするかなど条件を広げてみましょう。 賃貸が経済的にお得と言われていますが、それでも利便性の良い都心部などではかなりの賃料が必要となります。
しかしそんな高額賃料の賃貸物件の中でも掘り出し物と呼ばれているお得な賃貸物件が探せばきっとあります。



貴方の条件が現実的かをチェックブログ:2018-12-12

本日、あたしが住んでいる渋谷は曇りのち晴れです。

曇りのち晴れの日もあれば、曇りのち晴れの日もあり、曇りのち晴れの日もあります。
当たり前のことですよね。

人間の「心」もこのように
曇りのち晴れの日もあれば曇りのち晴れの日もあります。

やる気いっぱいに
「ダイエットするぞー!」
「痩せてキレイになるわ!」
…などと、やる気満々の時には、
張りきっていろいろな方法にチャレンジしたり、
元気いっぱいにダイエットを続けます。

しかし、いい時ばかりではありません。
時には、心に雨が降るときもあります。
「落ち込んだとき」
「自分が小さく見えるとき」
「周りから非難されたとき」とか…

「つい食べ過ぎちゃった」
「トレーニングをサボってしまった」
なども心が小さくなりがちです。

心が小さくなると
「こんなあたしなんかどうせダイエットできない」
と思いがちです。

これが一番のクセモノです。

「あたしなんか」と言う言葉は、
自分の器を自ら小さくしてしまうようなものです。

だから絶対
この「あたしなんか」と言う言葉は使わないようにしてくださいね!

心にも曇りのち晴れの日もあれば曇りのち晴れの日もあります。
そういうものなんです。

雨の日には傘を差して雨をよけるように、
自分の心にも傘をかけてあげましょう!

そんなときには、多少ダイエットをお休みしてもいいと思います。
気にせず、悔やまず、責めない…
そんな風にして、心に光が射してきたら再び歩みだせばいいのです。

それまではじっとして、心に栄養を与えてあげましょう。
晴れ間が見えてきたら再びやるべきことを淡々と続けていきましょう。

多少立ち止まっても、回り道しても、戻っても…
再び元の道に戻って淡々と続ければ、
ダイエットは必ず成功します。