流通物件と独自物件の違い

流通物件と独自物件の違い


流通物件と独自物件の違い
物件のオーナーとなる大家さんは、その物件に入居者を入れたいために不動産屋へ依頼をして物件探しをしている人に対して紹介をしていきます。
言うならばどこの不動産屋でも紹介することの出来る物件ということであり、主にターミナル型の不動産屋に流通物件は集中しています。

独自物件の特徴としまして、比較的新しいものであり、また物件状態も綺麗なものが多くなっています。
賃貸物件を探している人は、まず最初に独自物件から不動産屋で見つけてみると良いかもしれません。
よく独自物件と呼ばれる賃貸物件がありますが、これは不動産屋では紹介されていなく、オーナーさんが直接取り扱っている物件となります。
地域密着型の不動産屋などに多くなっており、意外と掘り出し物件が見つまりやすくなっています。 非常に残念なことなのですが、物件探しをしてる人を狙った悪質な不動産業者が最近になって増えてきています。
中には免許も持たないで賃貸物件の紹介業をしている悪徳業者もありますので、注意が必要です。




流通物件と独自物件の違いブログ:2019-04-03

以前、わたしが行っていたのは、
置き換え減量。

24時間3食のうち、1食または2食を
通常のご飯の代わりに
低カロリーな食品へ
ご飯を置き換えるという減量法です。

置き換える食品はいろいろありますが
どの置き換え減量についても共通して言えることは、
リバウンドしやすい減量だということです。

1食分のご飯を
低カロリーな食品に置き換えるので
一時的には痩せることができます。

でも、置き換え減量を続けていくと
総摂取カロリーは抑えられますが、脂肪とともに筋肉も減少するので
基礎代謝が下がってしまうんです。

基礎代謝が下がると
体が省エネモードになって、
消費エネルギーが低下するので
以前と食べる量が変わらなくても太ってしまいます。

なので、
置き換え減量を始める前よりも
太りやすい体になってしまうのです!

置き換え減量って
一生続けられるものではありませんよね?

止めた時から
リバウンドの落とし穴が待ち構えています。

また、
ご飯を置き換えることで
食べられない我慢からストレスが溜まると思います。
このストレスも、過食となるなど
リバウンドを引き起こす要因になりかねません。

長続きしない上、得られるものは
基礎代謝が落ちて、太りやすくなった体だけ…

頑張って減量をした結果
リバウンドしやすい体になってしまうのです!

その理由に納得できましたが
減量を頑張ったのに、太ってしまうなんて…
怖いですよね!

評判の良い減量だからと言って、
何でも飛びつかず
健康的に痩せられる減量を見つけましょうね!

流通物件と独自物件の違い

流通物件と独自物件の違い

★メニュー

賃貸の物件情報で費用面を確認
家賃交渉をする時のコツ
良い賃貸物件選びの近道
賃貸契約する時には審査がある
賃貸マンションを選ぶメリット
良い不動産屋の条件
ターミナル型の不動産屋
流通物件と独自物件の違い
貴方の条件が現実的かをチェック
物件探しで下見はとっても重要


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)どこでも快適賃貸♪情報満載ナビゲーション