家賃交渉をする時のコツ

家賃交渉をする時のコツ



家賃交渉をする時のコツブログ:2018-09-21


みなさんは、
減量を始めてしばらくして、
順調に減っていた体重が
急に減らなくなった経験ありませんか?

これって、
減量の停滞期というものなんですよね。
減量をしている方なら、
必ず誰でも経験することだと思います。

その時に、
もう限界なのかなぁ~と勝手に思い込んで
減量をやめてしまったり、
もうこれ以上は続けられないと、
減量をあきらめてしまったりしてはダメなんです。

せっかくこれまでがんばってきたのですから、
続けて減量を行なっていれば、
また必ず体重は減っていきます。

どうして停滞期という現象が起こるのかというと…

減量で食べる事の量が減ると、
今まで摂っていた量の栄養分がからだの中に入ってこないため、
からだは栄養をあまり使わないようにします。

それと同時に、
せっかくからだの中に入ってきた栄養分は、
これまで以上に必死に蓄えようとします。

停滞期に体重が減らなくなったからといって、
今まで以上に必死になって、
減量を行なったりするのは危険!

停滞期は、
からだが危険信号を発している状態でもあるからです。

停滞期の時は、
何も変えずにそれまで行なっていた減量を続けましょう!
今は停滞期なんだなぁ~と
楽な気持ちで過ごすのがいいと思いますよ。

もし、二ヶ月程経過しても体重が再び減ってこなければ、
そこで一度減量を見直してみると良いでしょう。

順調期と停滞期を繰り返しながら減量していくので、
停滞期に入ったときはあきらめずに続けてくださいね。

家賃交渉をする時のコツ

家賃交渉をする時のコツ

★メニュー

賃貸の物件情報で費用面を確認
家賃交渉をする時のコツ
良い賃貸物件選びの近道
賃貸契約する時には審査がある
賃貸マンションを選ぶメリット
良い不動産屋の条件
ターミナル型の不動産屋
流通物件と独自物件の違い
貴方の条件が現実的かをチェック
物件探しで下見はとっても重要


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)どこでも快適賃貸♪情報満載ナビゲーション